ウォーターデザイン研究会・久保田昌治のブログ

ウォーターデザイン研究所・研究会の久保田昌治ブログです。

ミネラルウォーターに求められているもの(3)

我が国は戦後水道水の消毒を塩素消毒で行ってきておりすでに70年からになる。河川水にしろ地下水にしろ天然水には必ず有機物が含まれている。これに消毒目的で塩素を添加すると必ずトリハロメタンを始めとした有機塩素化合物が生成する。 この外に工業で家…

現在ミネラルウォーターに求められているもの(2)

我が国は大戦後溶剤や洗剤としてトリクレン、パークレン、エタンなどこんな優れものはないということで大量に使用し世界第2位の経済大国になった。また不衛生によるシラミの大発生に対し殺虫剤として使用されたDDT,農業で使用されたBHC,さらに柱上ト…

ミネラルウォーターについて(6)現在ミネラルウォーターに求められているもの

現在ミネラルウォーターに求められているもの それは言うまでもなく安全性である。我々はミネラルウォーターは安全であると頭から信じている面がある。しかしはたして そうだろうか? 特に新しいミネラルウォーター分類での殺菌・除菌なしのものが気になる。

ミネラルウォーターについて(5)

それにしても水道水のpH基準の5.8~8.6は細か過ぎると思う。この範囲を超えるとそく人体に悪影響が出てくるような印象を与える。しかしそんなことは先ずないと推測される。このことから水道水のpH基準は健康上の視点から出てきているとは考えにくい。 一説…

ミネラルウォーターについて(4)

このように水道水ではpHは5.8~8.6と明確な基準があるが水道水以外のいわゆる飲用水では明確なpHの基準や規制がない。水道水の水質基準は大量にかつ長期にわたって飲用しても健康上問題が生じないという前提で決められていると考えられる。余談になるが水道…

ミネラルウォーターについて(3)

水道水のpHは5.8~8.6と規制されている。この範囲でないと水道水として供給してはならないことになっている。これに対しミネラルウォーターではpH の規制がない。したがってどんなpH値のミネラルウォーターを発売しても構わないのである。 一方有名なアル…

ミネラルウォーターについて(2)

ミネラルウォーター類の水質基準は殺菌・除菌無で14項目。有で39項目、これに対し水道水の水質基準は51項目でありミネラルウォーター類に比べはるかに多く厳しい。 同じ飲む水でありながらどうしてこんなに水質基準が違うのか厚労省に問うて見たことが…

ミネラルウォーターについて

我が国でミネラルウォーターが売れ始めたのは平成(1989)に入ってからである。それ以前の昭和の終わりに近いころミネラルウォーターを商品化するということで協力を頼まれ協力して商品化したが売れなく発売した企業は止めてしまつた。 当時容器は今のよ…

塩素とオゾンおよび有機塩素化合物と有機オゾン化合物

塩素(Cl2)もオゾン(O3)も共に強い酸化力を持つ物質であり,その強い酸化力で細菌等を酸化分解して殺菌する。しかし両者の生い立ちは全く異なる。塩化物イオン(Cl-)は海水の誕生時に既に存在していたが塩素は20世紀に入り人工的に作り出されたものである…

我が国のがん患者数を減らす大きな一つの方法

今処理・処分に苦慮しているPCB(ポリ塩化ビフェニル)もDDTやBHCと同系統の有機塩素化合物である。PCBというと自分にはあまり関係なさそうに感じられるが各家庭に送られている電気の送電柱上のトランスに多用されてきた。 PCBは化学的に安定で水に溶け難く…

トリクレン,パークレン、エタン

大戦後我が国は高度経済成長期に有機溶剤や洗剤・洗浄剤としてこんないいものはないと言われたトリクレン(トリクロロエチレン)、パークレン(テトラクロロエチレン)、エタン(テトラクロロエタン)等を大量に使用して世界第2の経済大国になった。これら…

水道水原水の河川水や地下水中には必ず有機物が含まれている

土壌中には必ず有機物が存在する。その大元は動物の死骸や排泄物であったり樹木の落ち葉や枯れ草であったり等々である。したがって純水の雨が地上に降り河川に流れ込んだ河川水の場合も、地下に浸透した地下水の場合も水道水の原水には必ず有機物が混入して…

水道水の塩素消毒

我が国では水道水は法律で塩素消毒が義務付けられている。かつ浄水場から最も離れた水道蛇口で0.1ppm以上の塩素が残留していないと水道水として供給してはならないということになっている。このように下限規制はあるが上限規制はないのである。最近目標値は…

我が国で全水道水が塩素消毒を義務付けられた

我が国の全水道水が塩素消毒になったのは大戦後進駐軍が進駐してからである。時のGHQが日本人は消毒しない水道水を飲んでいるということで塩素消毒を義務付けた。 それが現在まで続いて来ている。塩素物イオンは自然界に存在したが消毒に使う塩素は自然界に…

水道水の消毒法 塩素法とオゾン法の2つの方法がある

水道水の消毒法として世界的に見て塩素を使用するアメリカ方式とオゾンを使用するヨーロッパ方式の2つの方式がある。塩素は工業的には食塩の電気分解でカセイソーダを製造する時に副産物として生成する。これに対しオゾンは通常は高電圧を用いた無声放電に…

アメリカではがん患者は減っている。しかし我が国ではまだ増え続けている 水から考える

がん発症の原因はいろいろ考えられ極めて複雑である。1978年にアメリカで水道水飲用者と地下水飲用者のがん発症死亡者の比較結果が報告された。それによると水道水飲用者のがん発症死亡割合が地下水飲用者に比べはるかに高いことが分かった。何故かいろ…

同じ水はないと言うことの重要性(3)

ビルやマンション等で水道管に水を流していると必ず水垢(スケール)などが付着してくる。水垢が付着しないようにするために配管に磁石を巻き付ける磁気処理装置が利用されている。この装置を取り付けると新たなスケールの付着が防止出来るだけでなく既に付…

同じ水はないと言うことの重要性(2)

今半導体を用いたICがなかったら世の中は全く成り立たなくなっている。このように重要なIC製造の初期の頃 同じ原水を用い同じ水処理装置で処理した水を使用していながら季節により製品の歩留まりが変ってくることが大きな問題になっていた。最終製品での歩留…

一般に水と言った場合・・・

一般に水と言った場合 それは決して純水を意味しない。必ず何かが溶けたり分散したりしたいわゆる水溶液を意味する。したがって単純には水が違うとか異なるということは溶けたり分散したりしている成分等の種類や濃度が違うということになってくる。 最近地…

同じ水はないと言うことの重要性(1)

地酒は皆んな味が違う。無理して味を変えているわけではないと思う。その最大の原因は地酒の産地の水が異なることにあると推測される。ビールメーカーの泣き所は同じ銘柄のビールが季節により味が変わってくること、また製造する工場が異なると味が違ってく…

極論すれば同じ水は先ずない

地球上の何処に降る雨も純水であり純度に大きな差はない。しかし何処に降るかによりその後の雨水の運命が変わってくる。1本として同じ川の水はない。川が変れば水質が違ってくる。同じ川でも季節により水質が変ってくる。日間変動もある。極論すれば今バケツ…

東京都内の平均気温は温暖化で予想されている気温上昇より遥かに早く高くなっている?

東京で生活を始めたのが1995年、今から約25年前 当時冬場のマンション室内で暖房を入れない状態で今日は寒いなと思うと10℃を切り7、8℃位になっていた。今は冬場で今日は寒いなと感じても10℃を切ることがなく11,12℃はある。この25年間で室…

雨は純水である その雨が何処に降るかでその後の運命が変わってくる

雨 雨は蒸留水であり純水である。そんなわけで自然界には純水までは存在する。半導体産業はじめ最先端産業で洗浄水その他で使われる水はもっと純度の高い超純水や超超純水である。水は純度が上がれば上がるほど洗浄能や溶解能が高まる。 純水の雨が何処に降…

我が国で何故水が大切と思われないのか?

我が国の年間降雨量は世界平均の2倍以上あり極めて恵まれている。将来飲み水不足の状態になった場合 海水から飲み水を造る海水淡水化をやるのにも日本列島は細長く海岸の近くに多くの人が住んでいるので大変適している。例えば中国で海水淡水化で飲料水を造…

我が国で水が本当に大切と思われているのか?

我が国で水は大切だ大切だと言われているが実際にはあまり大切とは思われていないのではないか? それにはそれなりの理由があると思われる。それは・・・・

ウォーターデザイン研究会・久保田昌治のブログを立ち上げました

私、久保田昌治はこれまで水の研究・開発を中心に活動してきました。 この度有名なブロガーの百瀬直也さんにご協力いただきブログを立ち上げました。 水を中心にいろいろと取り上げて行きたいと考えています。 よろしくお願い申し上げます。 ゼンケン 浄水器…